エビヅルワインの作り方(ジュースも一瞬できるよ!!)

秋深まり

上見て下見て

ほくそ笑む

あ、キモめの1句読んじゃった(*゚ロ゚)!! 

10月に入るとあちこちの木々に絡みついてる

エビヅル

前記事でも紹介しましたが、「ポリフェノールがすごいんじゃ〜(千鳥風)!」

ということで、集めて集めて集めまくって

年に1回の贅沢品 エビヅルワイン を作ったのであります!

〜作り方〜

①この季節ダンゴムシちゃんが多いのでザーッと洗って虫や汚れを落とす

②小さい枝は付いててもちろん良いのですが、長い飛び出た枝は切る(搾ったときにネットに穴があいちゃうからね)

③下着用の洗濯ネット(2重になった小さいやつ)にエビヅルを入れて搾る!

④搾りかすも取っておく。

以上。

これが気持ちいいんですよ!あの梱包用のプチプチをしてるような感覚で😚

〜飲み方〜

野生の、しかも皮ごとしてるのでとにかく発酵が早いです!

ジュースとして飲みたい方は2日以内に飲んでください。それ以上寝かすとアルコール発酵が始まりワインとなるかバルサミコ酢となります(笑)ワインがいいなら、好みの味のところで冷蔵庫か冷凍庫に入れて発酵を止めてください。

〜搾りかすの使い方〜

・ひたひたのお水を入れて1晩置いとく。

→ちょっと薄めのジュースになる

→染色する

    ◤◢◤◢注意◤◢◤◢◤◢

ミョウバンで色止めもして、結構キレイに染まったなぁ〜✨と思ってたのですが、乾かすと色が飛んじゃって、やはりシルクだけがキレイに染まりました。

       ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢

どうしたにしても搾りかす(種と皮)は土に返してあげましょう。

また来年も採れますように🙏

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA