31歳の青春のすすめ。

また期間があいてしまった😅

だって、青春してるんだもん♪

よく「青春の曲は?」

とか聞かれると、どこが青春なのか困ってしまう。聞くとだいたい高校時代を指すらしい。ま、確かに楽しかったね〜!と思うけど、飲み明かしてた会社員時代も、学校も仕事もない今も、青春だなぁ〜と思うのです。

この何に使うか決まってもない、けど作りたかった廃材カフェスタンドを作って、青春18切符の旅に出たのが2週間前。ただいま久留米までやって来ました🚋

何度見ても可愛い♥

《古いAVラックに廃材を貼ったり打ち込んだだけのシンプルな作りです。》

今回の旅の目的は、年末に開いた自給自足合宿以来ふわっと来てはリノベや古民家改修を手伝ってくれてた仲間のもとに私が行脚して恩返ししよー!ていう、

🏃青春恩返し行脚🚋

なのであります(した)。

それが確かに各拠点で草を刈ったりしてるものの、それ以上におもてなしをしてもらったり、カヤック教えてもらったり、仲間が桃太郎式に集まってきて結局一緒に行脚してたり👴🏻👵🏼🍑👦🏻🐶🐵🐦👹もはや、重ね重ね恩をいただく旅となってる気がする。

んー最高!

さて、今回は移動長めの旅になるからと2冊本を持っていってたけど、結局4冊買ってしまって…

重いんだけど、今回の旅の大きな収穫になってるので勝手に紹介しまーす🙋

👌『ベジタリアンは菜食主義ではありません』自費出版/natsumi

ベジタリアンになる理由には健康、宗教、アレルギーといろいろあるけど、私の『穀物や食料の無駄遣いが嫌!』ていう理由と『家畜の産まれてからスーパーに並ぶまでの過程を大人にもなって知らなくていいのか?』っていう問いかけを

どーーーーーーーん

と突きつけてくれる、優しくて痛快な1冊。

だから私は野生かつ自分や知り合いが殺した生き物しか食べません。

ご購入はこちら

👌『Swingy days』

NPO法人スウィング/木ノ戸 昌幸

この副題にやられました!福祉を学んでた時から、自己紹介すると「優しいねー」「大変ね」と言われることに違和感があったんですよね。24時間テレビとか大っ嫌い!感動の押し売り(通称:感動ポルノ)しといて、お金ください。と大きな顔で言えるあたりが意味不明。

そもそも出来ないことがあったり老いることはそんなに特別か!?常に健やかな人って何人いるの!?って思うわけ。

そんな暑苦しい想いを語らず日々のプッと笑えるやり取りを『トイレで呼んでほしい』というコンセプトのもと心地よく描かれてます。

この本を置いていた、京都四条にある

はーと・フレンズ・ストアはさんも、斜め上をいったり、”アート”な京都内の作業所の作品を、えっ?こんな安くていいの!?的なお値段で売られててオススメです。

👌『おばあちゃんの精進ごはん』

momo book/iori暁美と五月

精進料理教室を開く姉妹の精進レシピ本。

絶品の精進ラーメンを出してくれる《投げ銭ゲストハウスさんかくワサビ》を起業したかずみちゃんが教わったおばあちゃん。

「わたしも、若い時はタバコもお酒もしてたわよ〜。お肉もどうしても食べたい時は無理せず食べたらいいのよ」と受け止めてくれるらしく、あんなに深い味がするラーメンもほんの4行でさらっと書いちゃってて、作れそう♪って思わせてくれるはず!

そんな絶品!精進ラーメン&車麩チャーシューが食べられる&泊まれる素敵ゲストハウスはこちら↓↓↓

さんかくワサビ

思い返せば人生で30歳が1番辛かった。

仕事を辞め、ベジタリアンになり、12年振りに地元に帰り、興味が変わり、婚期は逃し

変化に自分も周りもついてこれず、

家族も友達もとおーーーい存在になった気分だった。

何歳から青春でもいいじゃんね!

何歳まで青春でもいいじゃんね!!

今歳も青春( *˙0˙*)۶

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA