【住】アースバック建築解説🏡基礎〜躯体vol.2

すみません_(。_。)_

スラブ打ち、思った以上のハードな現場に日々追われ、更新をサボってました…

そして、もう古民家の再生プロジェクトも開催して、そう、帰国?してます( ˙▿˙ )

先日4月1日に上棟しました!

でっかい!!!!

私は上棟手前で帰りました😅

それでもこの段階まで積みました<( ¯﹀¯ )>

よって、前回の記事で紹介した工程を基本的には繰り返して積み重ねていくのですが、新しい技を5つお伝えするとして、残りの仕上げ&こっからの左官仕上げ(コロナの影響で延期となりました)は先輩ビルダー【ごっとんの神ブログ】を読んでね♪

必殺╰(`・ω・)╮  −−==≡≡≡丸投げ

1.鉄筋いれ

今回は【ゲストハウスにする】ため、大型&建築基準法が関わるということで鉄筋を入れます💪

ただ、アースバック自体の強度としては、壁自体が構造にもなるため鉄筋がはいってなくても問題はない程強いそう☝現にアメリカでは鉄筋なしで大型のアースバック建築物はあります。

基礎部分にも埋め込んで
 
アースバックが高くなるにつれて
鉄筋も埋めていく(伸ばしてく)イメージです🌱

このいわゆるスラブ打ち。

魔の『スラブ打ち。』

コンクリートってアースミックスより体感で2〜3倍は重いのよね〜😫

高くなるごとに、

「来たかぁ」_ノ乙(、ン、)_

ってなってた(笑)

やり方はね、

砂利とかを手や風でぶおーっと飛ばして
 
ラス網の両端3〜5センチ谷折りしたものを巻き付けて、両端をビス止めしてポッケを作り、その中にコンクリート(セメント:砂=3:1)を流し込む!そして棒でつついたり、トントンしたりして空気が入ったままかたまらないように詰め込みます!
ごっとん!&てっきん!

最終的には横筋もテラスも作ったのでたくさんコンクリートバケツリレーもしました💪

ちなみに上段のR(カーブ)が始まる部分からは鉄筋もRに沿わして曲げていきます(人力らしい💦)

迫力満点!

2.窓枠、ドア枠

アースバックは土なのでアーチや曲線の枠はお手の物です!

こんな丸窓(枠)も
おっきなテラス窓も
不思議な形の玄関も
半円窓も…

遊び放題です✨

円形だと植木鉢を利用してもいいし、木材で型を作ってもいいので、ある程度強度のある枠を作り、水平をしっかり確認したら、

倒れたり、ずれないよう杭等で支える!

そして、基本的には両端からレベルが合うように同じ厚さで積んで、

何週間かしてしっかり乾いたら、枠を外す!

( ゚д゚)パッカーン🎉

のですが、イレギュラーは

3.アーチ超え

細いアーチ枠だと、1本で、ちょっと厚めだと2本並列させて超えてくのですが…

《行きは良い良い帰りは怖い》♪

です☝

そう、行き(登り)はさ、重力でさ、土は勝手に詰まるけどさ、帰り(下り)はさ、土が出ようとするからちゃんと詰まらないんさぁ〜

てことで登場するのが

オリオンビールのケース🍺🍺

板。

これを、写真のように台にしてちゃんと詰めてから板外して沿わしてあげてね♪

ちなみに、1mを超える厚いアーチ。

例えばこんなやつ↓↓↓

を超えるには、枠に対して垂直にアースバックを置いていきます☝

まず枠の上にラス網を乗せて、等角度で印を付けておきます。

つまりこういう事↓

この印通りに詰める訳では無いけど、両端から水平に積んでいくための目安になります✨

ここでも、1段?1列?詰めるごとに上からだけでなく横からまタンピング!!

そして、もっと複雑な形の枠周りには、

4.ベロ出し&造形

を施しましょう。

通称【ベロ出し👅】

なぜなら、

窓枠の横にはだいたいこの、『ペロン』とした奴を垂れ下げて隙間を埋めてるから😋

作り方は

①隙間を埋めたい段の端をベロ分長くアースバックに詰める。

②枠に添わせて垂らす&マグネシウム水を掛けながら叩いて成形

③ボルトを打ち込んで固定。

それでも空く隙間を、泥(=アースミックス-砂利)を手でペタペタ塗りつける。

※曲線のベロ出しは難しいので、写真の通り乾くまで支えを付けたり、ネットとボルトで更に補強してあげます。

④乾いたら完成!

最後に

5.アールを示すコンパス設定

ドーム型の家を作ってるためある高さまで同心円で詰んだらだんだん半径を小さくしてRを出してかないと…

《トンガリコーン》になっちゃうよ☝笑

トンガリコーンてホンマによく見ると層になっててアースバックそのものね( ⍥ )!

こんな縦長にならない為に必要なのは、

新しいコンパス

          と

内側に積む勇気🍞

ですよ。

元のコンパスがドームの中心から地面に平行に円を描くのに対して、新しいコンパスはドームの外周上に置いて地面に垂直な円形を描きます。

こんな感じ⤴

このコンパスが中心点を通った時に描く円がドームが出したいRを教えてくれるのです✨

この新コンパスの軌道を次の段を積み始める前に旧コンパスに落とし込むために必ず毎回設定し直します。

やり方は

  1. 旧新コンパス両方をピンと引っ張り重なるところを探す
  2. 次に積むアースバックの半分の厚さ(だいたい拳1個分上)の高さで2つをつかみ、旧コンパスについてるカラビナを新コンパスのカラビナの位置に設定し直す
  3. 次の段を積む時は旧コンパスのカラビナの円形をチェックしながらフォローしていく。

※新コンパスのカラビナはドームの出したいアールて設定してるので変えない!

これらを
これくらい真剣に、外から引っ張る!

以上が、アースバック建築でドームハウスを作る🏡躯体編でした🐸

コロナの影響で、内装&外装&造形は9月から。ボランティアも新たに募集するかも?

詳しくは、アースバック協会の情報をチェック☝

さ、次は念願のコブハウスを建てるぞー🍡

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA